読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽食・健食・美食ブログ~少しのお知恵で変わる食生活~

管理栄養士・NRサプリメントアドバイザーのお役立ち情報と備忘録

個別リスクの提示と継続・結果

http://www.carenet.com/news/journal/carenet/43371?utm_source=m35&utm_medium=email&utm_campaign=2017020301

心のストレッチも大切です。

心が健康でなければ

健康行動はとれませんよね。

 

NHKで話題になり、私の友人も

何人か注目しています。

 

自分の備忘録もかねて

お知らせします。

www.nhk-book.co.jp

 

今日も良い1日をお過ごしください。

イワシ食べました?

うっかりしていました。

今日は節分ですね。

子どもは昨日から今日幼稚園で豆まきをして

そのお面を家に持って帰る。と楽しみのようでした。

私も学校の給食の献立をたてる仕事をしているときは

イワシのフライや大豆の煮もの。

あと豆。いろいろ、毎年重ならないよう、

学校給食のメニューを考えていました。

 

筑前煮を食べるところもあるようで、筑前煮を出したとしもありました。

 

学校給食のように

一汁三菜のような食事を食べていれば

一生涯、医者いらず、なんですが。

 

恵方巻き等はコンビニのコマーシャル力で、手軽に節分を味わえるようになりました。

現代は、忙しく、気軽にいろいろなものがとれる。そして健康の影響は、ずっと先に出てくる。変えるにも簡単に変えられない。

このままでは、将来の健康が不安。

という人もたくさんいます。

先週のセミナー(栄養士の関係でなく)でも

とてもそんな風に見えないひとも。

そうゆう不安を抱えています。漠然と。

ますます、健康な時に

行動が変えられるサポートが

大切になってきています。

 

自分の周りは、健康管理が商売道具みたいな

私もそうですが。

人が多いです。

 

時には違う方々と

交流を図るのはいいことですね。

 

今週末も健康にも良い

時間をお過ごしください。

グリットという言葉をしっていますか?

子どもがいますので

IQよりもこの「やり抜く力」が一生を決めます。とか

よく見ます。

 

sites.google.com

 

人は十分な時間一生懸命すれば取得できる

IQの差ではない。

やり抜く力を育てるのに必要なのは

成長思考である。

成功思考とは学習する能力は固定しておらず

努力によって変えることができる。

 

毎日の健康行動も同じです。

 

大切なのは、遅れてもやらない日があっても

一度決意したことは、『やり抜く』ことです。

 

決意の質(本当にあなたに必要か、効果的か)

やり抜くことの応援を

することをライフワークにしたいと思います。

 

今日も良い1日をお過ごしください。

 

 

睡眠不足と食習慣の関係

今朝、愛読しているケアネットで

睡眠中の免疫系のことを取り上げれいて

そうだっただろうなと思いつつ

記載しました。

分かりやすく書いてあります。

やはり規則正しい生活→健康につながると

ちょっと夜更かし気味の人や

仕事や用事で追われている人も

少し、睡眠考えるきっかけになるといいと思います。

www.carenet.com

あとこんな記事が。

マリファナと同じ。

夜更かしのスナック行動が納得できる内容でした。

 

栄養士は、体内時計のことをよく話します。

体内時計と本当の時計が少しずれていて

それを治すのに朝食が最適と。

数々の日本の論文も出ています。

 

朝食抜きや2食の良さは

やはりエビデンス低いです。

 

参考になれば幸いです。

今日も、今週も健康に繋がる

時間が過ごせますように。

 



www.carenet.com

先日のセミナーでであった方がモニターになってくれそうです。

先日のセミナーは、栄養士専門ではなかったのですが

グループワークでご一緒された50代の男性の方が

健康に不安を持っていて

モニターになっていただけそうです。

 

まだ本格的には初めていませんが。

1分ほどその方の様子を聞いて

まず初めにしてほしいときは

あまりこだわって食品を選択していないとのこと

忙しく、空腹を満たす食事が多くなるそうなので、

まずは、選ぶなら同じものを毎日選ばないこと。

どんなものを食べているか具体的に聞いていませんでしたが

合間の意味のないお菓子も、

食べないのでなく、同じものを食べない。

リスクのある食品って、身体を回す(代謝)が

頻度で変わるので。

そしてそれを意識することで、

食品を選ぶことができるようになります。

 

そんな話を一部したので、

リスク?食品を同じものを食べるときのリスクを分散?

カロリーや栄養成分もそうですが

やはり添加物も無視できません。

デトックスすると痩せやすいというのはやはり

身体の代謝を戻すということが基本になっています。

こんな本でも読んでいただければ

なんとなくわかるかな?と思います。

絵も多く、読みやすいです。100%正しいとは言えませんが

えらぶ目安を学ぶにはいいかなと思います。

ドレッシングは、低カロリーにするための添加物と

カロリーになる油脂はどちらがリスクが高いのか

まあ目的にとって代わりますね。

 

私にとっては、どちらもどっちですが(笑)

でも考えて食するのは、いいことだと思います。

一口で食べてしまっているけど

そこまでには、すごく手がかかっているんですから。

 

今日も、ごちそうさまを食事の後は言いたいですね。

良い1日をお過ごしください。

塩分、食生活の改善は薬開発より費用対効果が高い

www.carenet.com

 

ということが分かりましたが、

それよりも健康に過ごす価値は

何にも買え難いので

この数倍の費用対効果があると感じます

 

今日も明日も

健康に彩りある毎日をお過ごしください。